あやぱん選書 東洋哲学

豊かさって何だろう?なるべく働きたくない人のためお金の話(著者:大原扁理)

年収90万円で野草食べてるけど
めっちゃ幸せそうに
暮らしてる人がおんねんけど

と言って渡されたのがこの本です。

え?何それ?
そんな野草なんか食べたくないし
めっちゃ貧しい暮らしは嫌だな。

ところがところが、
読んでみたら全く印象が違っていました。

著者は、25歳から約6年間、
東京郊外(国分寺)のアパートで
隠居生活を送る大原さん。

社会との関わりを最小限にして
週2日働いて年収を100万以下。

特殊なスキルもないけれど、
親や国に頼ることもなくハッピーに
暮らしているとのこと。

え?もしかして、
お金ではない豊かさを持っている人
なのかもしれない。

どんどん読み進めていきます。

 

モノも人間関係も仕事も
断捨離しまくって
本当に必要な豊かさのみを残したら
そうなったというだけ。

 

もしかして、
スーパーミニマリストやん。

 

もちろんすぐにその生活に行き着いたわけではなく
2年ほどトライアンドエラーしながら
最低限の満足ラインを模索。

足るを知るを実践されている。

 

自分には本当は何が合っていて、何があっていないのか
何が必要で何が不要なのか
それらをどう判断すればいいのか
どんな障壁が予想されるのか
行動に移す時の心がけ 

なるべく働きたくない人のためお金の話 P48-49

さらに、その後も柔軟にアップデートされています。

それをどうやって続けていくのか
あるいは変わることを選ぶのか

なるべく働きたくない人のためお金の話 P49

削るだけ削ってって
イメージになるんですが
ハッピーなお金の使い方の探究もされています。

隠居する以前、私はいかにお金を使わないかということばかり考えていました。 恥ずかしい話ですが個人的な損得にしか興味がなかったからです。それが今は同じお金を使うならいかに一人でも多くの人をハッピーに出来るのかという判断で使えるようになりました。

なるべく働きたくない人のためお金の話 P127

これも自分がお金稼いでくるときに
しんどい思いとかしてたら
なかなかできる事でもないと思うんですよね。

満たされているからこそできるというか。

そして、このBeを思い出しました。

お金は必要だけど
どれくらい本当に必要なのかがわかると
怖さはなくなる。

 

これは東洋哲学でも言われてる事なんですね。

知らないから怖い。知れば怖くない。

 

何かを獲得しなければ
幸せになれないわけではなく

幸せの状態であること。

それが豊かさの根源なんだろうな。

 

お気軽にお問い合わせください

\1月鑑定、受付開始!!/

卍易風水鑑定

幸せを呼び込み道を拓く開運風水術

  • この記事を書いた人

あやぱん

卍易風水師/NLPコーチ/ITコンサルタント/あやぱん工房の中の人。
【略歴】
神戸大学農学部→大手SIerプロマネ→パン屋 & ITコンサルタント(リモート複業)。NLPやコーチングを習得。プロコーチとして延べ200件以上、卍易鑑定50件以上。

プロフィールはこちら


-あやぱん選書, 東洋哲学
-, ,