東洋哲学 風水

立冬・亥月(11月)の運気と過ごし方

世界中の愛あるみなさま、本日もご覧くださりありがとうございます。
いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、卍易風水師あやぱんです。

 

ほんの数週間前までは半袖でいたのに、夏とともに秋がサヨナラ!?
秋はどこに〜〜〜!!

さて、気を取り直して、今月の特徴とともに過ごし方をご紹介します。

卍易風水では太陰暦を採用しているため毎月節入日から1ヶ月がスタートすると考えてます。
節入日は毎月同じ日ではありません(毎月5日ごろ)、今月は11/7となります。

 

亥月(いのしし) 11月7日13時57分〜

冬至の一歩手前。
太陽の光が弱まり日も短くなり、陰の気が満ちてきます。
積極的に散歩や日光浴など、陽の気を取り入れていきましょう。

二十四節気 でいうと、以下の二つの期間となります。

立冬(りっとう) 11月7日〜11月22日 : 冬の兆しあり

小雪(しょうせつ) 11月22日〜12月7日 : 冬の入口

もうすこし細かく見ると、こんな感じです。

己亥(つちのとい)

「己(つちのと)」は「大地、畑」を意味し、「亥(い)」は「冬の海、とざすこと」を意味します。
このふたつを合わせ持つ己亥は「湿った土地」に例えられます。

 

立冬 11月7日〜11月22日 : 冬の兆しあり

暦の上ではこの日から立春の前日までが冬になります。

ぐっと冷え込みが進み冬の気配が感じられる頃となります。
紅葉の盛りが過ぎ、木枯らしが吹きはじめます。

本格的な冬やって来る前に、衣替えや暖房、コタツなど冬支度をしておきましょう。

小雪(しょうせつ) 11月22日〜12月7日 冬の入口


木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃です。
「小雪」とは、冬とは言えまだ雪はさほど多くないという意味で、冬の入口にあたります。

立冬には栄養補給を!

冬に備えるためにも季節の野菜をしっかりとりましょう。鍋で温まるのもいいですね。

<亥月に旬の食材>
ゆりね、れんこん、春菊、セロリ、ブロッコリー、大根、ねぎ、ごぼう、かぶ、くるみ、えのき、エリンギ、なめこ、カリフラワー、ごぼう、ながいも、はくさい、柿、みかん、など

ホッケ、ハタハタ、ブリ、イカ、ハマチ、コハダ、ししゃも、ひらめ、海苔

 

亥月の開運ポイント

ラッキーアクション:

→ 次のタイミングに向けて、計画を立てたり準備をするのが吉

→ 自己理解に最適なタイミングです、内省して棚卸しをするのも良いでしょう。

→ 尊大な気持ちになりやすいので、謙虚にいきましょう。足を知るのも大事です。

→ 損得勘定で判断しすぎると、人間関係で歪みが出ます。繋がりも大切に。

 

ラッキーカラー:黒 (白と合わせるとさらに良い!)、赤を差し色でいれてもGOOD!
 

ラッキーフード:豚と豆腐の入った野菜たっぷり鍋

マニアックな理由はこちらから

理由:亥の漢字の由来

「核」のキヘンを省略した文字でもあり、「核」は(閉ざす)意味があるので、「万物を収蔵している」状態を表します。植物に例えると「草木の種子の核が土の中で守られ、陽春を待つ姿」を表します。「芽が出るのを待つ」状態を表します。

亥の五行エネルギー:水

先月、10月は戌月で土のエネルギーでした。今月は、水のエネルギーが高まります。
水を治めつつ、活かしていきましょう。そして、火のエネルギーが少なくなりやすいの補うことも大切です。

 

亥にまつわる風俗はまた次回に。

貴重な時間を使って読んでくださりありがとうございます。

素敵な1日となりますように。

 

あやぱん拝

 

お気軽にお問い合わせください

\11月、12月鑑定、受付開始!!/

卍易風水鑑定

幸せを呼び込み道を拓く開運風水術

  • この記事を書いた人

あやぱん

卍易風水師/NLPコーチ/ITコンサルタント/あやぱん工房の中の人。
神戸大学農学部→大手SIerプロマネ→パン屋 & ITコンサルタント(リモート複業)。

NLPやコーチングを習得。プロコーチとして延べ200人以上のセッションを重ねるも、まずは他者支援より自分の夢に活かしてこそとパン屋として独立。行列のできるパン屋として人気を博す。

卍易風水に出会い驚きの効果を体感し、卍易風水師として活動をはじめる。

人生を最高に遊び尽くすために卍易風水を使い倒します、どれだけ面白くできるのか実験中!

-東洋哲学, 風水