blog 二十四節気 東洋哲学 風水

二十四節気 雨水(うすい)

こんにちは、風水鑑定師 あやりす です。

二十四節気とは

二十四節気とは

1年を24の季節に分け、それぞれに美しい名前がつけられた二十四節気といいます。
日本には、春夏秋冬の季節があり、その時期に色々な顔を見せてくれます。
また、行事や旬のものなど変化に富んでいます。

風水とも深いつながりがあり、その一端をご紹介できれば嬉しいです。

二十四節気 雨水

2/19〜3/4まで二十四節気の「雨水(うすい)」

「雨水」は、二十四節気の2番目の節気です。
暦の上では春の始まりであり、旧暦では、立春が1年の始まりと考えられていました。

雨水は寒さが緩み、気温が上昇して雪が解け、土地が潤い始め、春の訪れを感じさせます。
この時期は農業においても重要で、作物の生育が促進され、新しい生命の息吹が感じられます。

雨水の七十二候は、以下の通りです。

  • 初候:土脉潤起 (つちのしょううるおいおこる)
  • 次候:霞始靆 (かすみはじめてたなびく)
  • 末候:草木萌動 (そうもくめばえいずる)

春になると、冬の乾いた空気に比べて大気中に細かな水滴や塵が増え、遠くの景色がぼんやりとかすんで見えることがありますが、こうした現象を「霞」と呼びます。同じ物理現象でも秋であれば「霧」となります。

霞は透明感があり景色がかすんで見え、霧は比較的密度が高い状態といえます。

行事・風習

特になし

易経の十二消息卦:地天泰(ちてんたい)

※十二消息卦・・一年の陰陽の流れを十二個の卦のかたちで教えてくれるもの

地天泰は、自然界においては、春の始まりである2月に当てはまります。
陽の気が上昇し、陰気が下降する卦であり、春の訪れを象徴しています。

易経の十二消息卦である地天泰は、上下卦の組み合わせは、下卦が坤(こん)=地、上卦が乾(けん)=天です。
地天泰は、陰陽のバランスが取れた状態を表しています。

坤は柔らかく包容力のある陰の卦、乾は強く剛健な陽の卦です。
この2つの卦が組み合わさることで、万物が調和し、安泰な状態になると考えられています。

具体的には、以下のような意味を持ちます。

  • 陰陽のバランスが取れた状態:社会や人間関係が調和し、安定している。
  • 万物が亨通する状態:物事が順調に進み、成果を挙げることができる。
  • 天下が治まる状態:社会全体が平和で、秩序が保たれている。

地天泰のキーワードは、「春の訪れ」「万物の成長」「調和」「平和」です。

地天泰は、自然界における春の訪れを象徴しています。
春は、万物が成長し、調和する季節です。地天泰は、このような春の状態を反映した卦と言えます。

また、地天泰は、人間関係における調和や平和を表す卦でもあります。
陰陽のバランスが取れた状態は、人間関係においても重要です。
地天泰の状態を維持することで、良好な人間関係を築くことができるでしょう。

次回は、啓蟄!

冷たい乾燥風から陽気と湿気を含んだ風で、いよいよ春本番です!

日本の季節の変化、
その美しさを少しでも感じる
きっかけになると嬉しいです。

次回は、啓蟄(けいちつ)!

どうぞお楽しみに。
今日も読んでくださってありがとうございます。

お知らせ 

公式ライン

友だち追加

ご提供中のサービス


Aコース:易占い 11,000円
Bコース:風水鑑定 33,000円
Cコース:家相鑑定 55,000円

対面は東京小金井、オンラインは全国受付中!


●伴走コンサル
https://fusui-ldl.com/biz_consulting/


▶︎Instagram
夜の7時の卍みくじを発信中。
明日の指針に使ってると好評です!
https://www.instagram.com/ayapan_fusui/

 
▶︎Twitter
マニアックにゆるっと呟いてます
https://twitter.com/art_ayapan

------------------------------------------------

お気軽にお問い合わせください

\4、5月鑑定、受付開始!!/

違いを分けるのは、運である。
運気の流れを知り、備え、チャンスを掴む。

  • この記事を書いた人

あやりす

人生とビジネスが整う風水鑑定師&飲食店専門の経営コンサル

【略歴】

IT大手でシステムエンジニアとして12年|行列ができるパン屋開業8年|卍易風水を響月ケシー師匠に学ぶ|心理学、NLP、コーチングを学び、プロコーチ歴12年|うさぎ好き、KUT-TUN好き、神戸大農学卒


-blog, 二十四節気, 東洋哲学, 風水
-, , , ,