未分類

月の教科書 (著:マドモアゼル・愛)

世界中の愛あるみなさま、本日もご覧くださりありがとうございます。
いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、卍易風水師あやぱんです。

今日ご紹介する本はこちら。

占星術の大家、マドモアゼル・愛先生が上梓された月の教科書。

なぜ、月の理解が大切なのか?

愛先生の月星座の解釈は、ざっくりいうと

月星座が示す性質は、その人に欠損している性質である。
(太陽星座が示す性質を持っていない)

 

これは占星術の解釈として、かなり画期的な見解で私も衝撃をもって拝見しました。

 

その前提に立ち私はこれを読んで良かったのが、3点あります。

 

1、自らの渇望の原因が分かった
占星術的に月(月星座)を理解することにより、自らの渇望の原因を見つけられてスッキリしました。だから、こんなにも求めていたし、求めても得られなかったのかと。

 

2、ダメな自分を受け入れることができた
月星座は示す性質が欠損している説により、一種の諦めができ、そんな自分を許容することがでました。そして、非常に経験則としても納得度が高いものでした。

 

3、他者理解にも役立つ
なぜ相手はそのような振る舞いをしてしまうのか?月が影響しているのでは無いか?その一つの切り口として非常に参考になります。

 

具体的には?

この本では12星座をそれぞれの太陽星座の特徴と月星座について解説されています。

 

具体的に月がどのように影響しているのかを著名人では、日産の元経営者カルロス・ゴーン氏、文学者三島由紀夫氏、 寺山修司氏などを通して解説されており理解が進みます。

ちなみに、私の例で言うと
太陽星座 乙女座♍️、 月星座 蠍座♏️です。

太陽星座は強みと言いますか、もともと備わったものとして考えられています。

 

乙女座 : アイアナライズ(我分析する)
蠍座 : アイディザイアー(我求む)→ 月の場合、それが無いので 何が欲しいかわからない となります。

 

私でいうと、蠍座のセクシーさや、探究心、深い情愛などがよく分からんのです。
これは結構、私の憧れでしたの渇望しても届かないものでしたが、月の教科書のおかげで決着を見ました。

月の教科書、自分だけでなくパートナーや友人たちとシェアして読んでもらうとより楽しめると思います。

ぜひ、よければ読んでみてくださいね。

 

お気軽にお問い合わせください

\11月、12月鑑定、受付開始!!/

卍易風水鑑定

幸せを呼び込み道を拓く開運風水術

  • この記事を書いた人

あやぱん

卍易風水師/NLPコーチ/ITコンサルタント/あやぱん工房の中の人。
神戸大学農学部→大手SIerプロマネ→パン屋 & ITコンサルタント(リモート複業)。

NLPやコーチングを習得。プロコーチとして延べ200人以上のセッションを重ねるも、まずは他者支援より自分の夢に活かしてこそとパン屋として独立。行列のできるパン屋として人気を博す。

卍易風水に出会い驚きの効果を体感し、卍易風水師として活動をはじめる。

人生を最高に遊び尽くすために卍易風水を使い倒します、どれだけ面白くできるのか実験中!

-未分類