blog 東洋哲学 風水

糸島の国産メンマとSDGs

世界中の愛あるみなさま、
本日もご覧くださりありがとうございます。
いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、卍易風水師あやぱんです。

 

今朝 NHK のあさイチを見てたら、
福岡糸島で国産メンマの紹介がありました。

三方良しのビジネスモデルに感動したのでシェア!

国産メンマはないの?

メンマってラーメンの上に乗ってる
シャキシャキしたやつです。

メンマってほとんど中国産なんですね。

もともとそのメーカーさんは
中国でメンマを作って
日本に卸してたんです。

お客さんのラーメン屋さんに伺うと
こんなことを言われました。

「何で国産のメンマはないの?」

「あ、ほんま、そうやな。」

っていうことから
開発を進められたんです。

国産メンマ、開発スタート

一筋縄ではいかず
3年の歳月がかかりました。

メンマの原材料は
竹(タケノコ)なんです。

中国では麻竹を使っていて、
日本では生えていません。


日本では生えている孟宗竹を使って、
中国の生産プロセスではうまくいきません。

試行錯誤のすえ、
香りと食感もよい
上品なメンマができました。

発売したら、嬉しい悲鳴で材料が足りない!

発売したところ、
国産メンマの評判も上々。
増産、増産のうれしい悲鳴。

しかし、増産しようとしたところを
材料であるタケノコが足りない。

そこで思いついたのが放置竹林。

竹林を管理する代わりに
材料のたけのこを
譲ってもらうということでした。

竹林所有者の方も高齢化が進んで
竹林が整備されてないっていうのは
地域の課題なんです。

竹って生命力強いから
ちょっとほっとくと
すぐ侵食してちゃうんですよね。

 

この話を聞いた時に
みんな めっちゃwin-winやしハッピーやん!!

メンマメーカーさんも嬉しいし
竹林所有者の人も嬉しいし
お客さんであるラーメン屋さんも嬉しいし。

 

誰も無理してないし
これがほんまのSDgsなビジネスモデル!!

 

こういう取り組みは
日本各地でも増えてるみたいです。
すばらしー!

 

やっぱり三方良しというのは
お商売の基本ですな。

  

東洋哲学的にいうと
困りごとやニーズに
応えていくエネルギーは
”金”なんですよね。

そして、それを知恵(水のエネルギー)を
使って解決していく。

水って受け入れるって
意味もあるので

今あるものでどうやって
工夫していくのか。
 

今回だと、孟宗竹をどうやって
美味しいメンマにするのか。

足りないタケノコを
どのように調達とかですね。

 

今、私の財運は、
金⇒水なので
特に学ぶところ多しです。

 

さー、今日もがんばるぞー😊

------------------------------------------------

▶︎ご提供中のサービス
卍易風水鑑定
https://fusui-ldl.com/menu2022/
 

▶︎Instagram(夜の6時の卍みくじを発信中)
https://www.instagram.com/ayapan_fusui/
 

 
▶︎Twitter(リアルタイムで呟いてます)
https://twitter.com/art_ayapan

------------------------------------------------

お気軽にお問い合わせください

\6月鑑定、受付開始!!/

卍易風水鑑定

違いを分けるのは、運である。
運気の流れを知り、備え、チャンスを掴む。

  • この記事を書いた人

あやぱん

卍易風水師/NLPコーチ/ITコンサルタント/あやぱん工房の中の人。
【略歴】
神戸大学農学部→大手SIerプロマネ→パン屋 & ITコンサルタント(リモート複業)。NLPやコーチングを習得。プロコーチとして延べ200件以上、卍易鑑定50件以上。

プロフィールはこちら


-blog, 東洋哲学, 風水
-, , , , , , , , , ,