未分類

動物の絵から西洋と日本の違いを学ぶ(動物の絵展@府中市美術館)

2021-11-26

世界中の愛あるみなさま、本日もご覧くださりありがとうございます。
いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、卍易風水師あやぱんです。

今日は前の会社の同期が教えてくれた動物の絵展へ。

すごい興味深かかったのは
西洋と日本では動物の描かれ方が異なること。


日本は動物が人間になるけど
西洋は人間が動物になる。
(美女と野獣でも、人が野獣になる)

日本では動物が主体で描かれるが
西洋ではまずはない。

環境の違いというか価値観が違う。

温暖な八百万の神の国と、
西アジアの厳しい自然から生まれた一神教の国では
違って当然ですね。

西洋では絵は
宗教画であってこそ価値がある
という背景があったみたい。

なので、基本的には人と動物のセット。
動物は象徴として描かれている

犬なら貞淑、猫なら不吉、とか。
(逆に、犬が寝てる=気が多い 猫が逃げる=吉祥の現れ とか)

 

なるほど〜。
 

誰かが
「西洋画を見るときに
キリスト教の教養がないと分からないよ」
と言ってたのはこいういことだったのね。

 
きっと映画にも
こういうメッセージって
色々埋め込まれてるんだろうな。
 

いやはや、勉強になりました。
 

p.s. 3代将軍 家光さんの絵はかなりツボでした。

▶︎Instagram
https://www.instagram.com/ayapan_fusui/

▶︎Twitter
https://twitter.com/art_ayapan

お気軽にお問い合わせください

\2月鑑定、受付開始!!/

卍易風水鑑定

幸せを呼び込み道を拓く開運風水術

  • この記事を書いた人

あやぱん

卍易風水師/NLPコーチ/ITコンサルタント/あやぱん工房の中の人。
【略歴】
神戸大学農学部→大手SIerプロマネ→パン屋 & ITコンサルタント(リモート複業)。NLPやコーチングを習得。プロコーチとして延べ200件以上、卍易鑑定50件以上。

プロフィールはこちら


-未分類