blog 東洋哲学 風水

日本の伝統文化を愉しむ 五節句とは

こんにちは、風水鑑定師 あやりす です。

五節句とは

五節句とは、季節の変わり目に、無病息災や子孫繁栄などを願って、行事食や飾り物などを楽しむ、日本の伝統行事です。

以下の5つの節句の総称です。

  • 人日(じんじつ):1月7日
  • 上巳(じょうし):3月3日
  • 端午(たんご):5月5日
  • 七夕(たなばた):7月7日
  • 重陽(ちょうよう):9月9日

五節句の起源

五節句の由来は、中国の陰陽五行説に由来するといわれています。陰陽五行説では、自然界は陰と陽、五つの元素(木・火・土・金・水)から成り立っていると考えられており、五節句は、この五つの元素が象徴する節目として定められました。

具体的には、以下のとおりです。

人日(じんじつ)「木」「東」「青」を示し春の始まりを表す木の節目。
上巳(じょうし)「火」「南」「赤」を示し夏の始まりを表す火の節目。3月最初の巳の日なので、「上巳」
端午(たんご)「土」「中央」「黄」を示し夏至の次の日で、土の節目。5月「最初(端)」の「午の日」なので「端午」
七夕(たなばた)「金」「西」「白」を示し秋の始まりを表す金の節目。
重陽(ちょうよう)「水」「北」「黒」を示し秋分の次の日で、冬の始まりを示す水の節目。
旧暦の日付をそのまま新暦に当てはめてるので、ちょっと違和感ありますね。

人日(じんじつ): 1月7日

1月7日の「人日」は、春の七草を食べて、一年の無病息災を願う節句です。春の七草は、芹、薺、御形、繁縷、仏座、菫、蓬の七種の野菜で、いずれも春に芽吹く草花です。これらの野菜は、邪気を払ったり、健康を保ったり、長寿を願ったりする意味があるとされています。

また、1月7日は、お正月から続いたお酒や油物などの重たい食事を解毒し、新年の無病息災を願うという意味合いもあります。

上巳(じょうし):3月3日

3月3日の「上巳」は、川や海で厄払いをして、健康を願う節句です。この日は、女性の厄払いの日ともいわれ、ひな人形を飾ったり、川や海で身を清めたりするのが一般的です。

昔の中国ではこの日は悪い日とされ、水浴びをして厄払いをしていました。ちょうど桃の季節なので「桃の節句」とも呼ばれ、雛人形を飾って女の子の初節句をお祝いします。

また、桃には邪気を払い仙力を身につける聖なる力があると信じられており、女の子の無病息災を願う行事として定着しています。

端午(たんご):5月5日

5月5日の「端午」は、菖蒲や柏餅を食べて、疫病を払い、男児の成長を願う節句です。漢の時代に5月は悪い月とされ、5月生まれの子は親に害を及ぼすという迷信まであったそうです。そこで邪気を払うと言われている薬湯る薬湯「菖蒲湯(しょうぶゆ)」に入る風習が生まれました。また菖蒲は、尚武(武道を尊ぶ)に通じることから、男児の健やかな成長を願う縁起物とされています。また、柏餅は、葉が枯れずに常緑であることから、長寿の象徴とされています。

また、端午は、男の子の誕生を祝う「初節句」としても重視される節句です。初節句には、鎧兜や兜飾りなどを飾って、男児の健やかな成長を願います。

七夕(たなばた):7月7日

7月7日の「七夕」は、短冊に願い事を書く、笹飾りを飾る、天の川伝説を語り継ぐなど、さまざまな行事が行われる節句です。日本では奈良時代に宮中で行われるようになり、もともと学芸や裁縫上達を願う日でした。江戸時代に中国から「織姫・彦星の伝説」が伝わり五色の短冊に願い事を書き、天の川の織姫と彦星に届ける風習があります。

また、七夕は、縁結びの節句としても知られており、恋人や家族、友人など、大切な人との縁を結ぶ願い事を込めて、短冊に願いを書く人も多いようです。

重陽(ちょうよう):9月9日

9月9日の「重陽」は菊の酒を飲んだり、菊の花を飾ったりして、長寿を願う節句です。重陽は、菊の節句とも呼ばれ、菊は、長寿の象徴とされています。昔の中国の陰陽五行説では「奇数は陽数」とされ、陽数で一番大きい9が二つ重なるこの日は、たいへんおめでたい日とされていました。

また、重陽は、秋の収穫を祝う節句としても知られており、菊の花以外にも、実りの象徴である果物や野菜などを飾る家庭もあります。

まとめ

五節句は、日本の伝統行事として、古くから親しまれてきました。

近年では、現代風にアレンジされた行事も増えてきましたが、五節句の意味や由来を理解し、家族や友人と共に、楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

お知らせ 

公式ライン

友だち追加

ご提供中のサービス

\2月鑑定受付中/
●卍易風水鑑定

さあ、あなたの今年の運気は?

卍易で未来を占いオーダーメイド風水で
楽しく波に乗りませんか

易占い 11,000円
風水鑑定 33,000円
家相鑑定 55,000円

お気軽にお問合せください
対面は東京小金井、オンラインは全国受付中!

詳細はこちらから
https://fusui-ldl.com/fusuimenu/4311/

●伴走コンサル
https://fusui-ldl.com/biz_consulting/


▶︎Instagram
夜の7時の卍みくじを発信中。
明日の指針に使ってると好評です!
https://www.instagram.com/ayapan_fusui/

 
▶︎Twitter
マニアックにゆるっと呟いてます
https://twitter.com/art_ayapan

------------------------------------------------

お気軽にお問い合わせください

\2月鑑定、受付開始!!/

違いを分けるのは、運である。
運気の流れを知り、備え、チャンスを掴む。

  • この記事を書いた人

あやりす

人生とビジネスが整う風水鑑定師&飲食店専門の経営コンサル

【略歴】

IT大手でシステムエンジニアとして12年|行列ができるパン屋開業8年|卍易風水を響月ケシー師匠に学ぶ|心理学、NLP、コーチングを学び、プロコーチ歴12年|うさぎ好き、KUT-TUN好き、神戸大農学卒


-blog, 東洋哲学, 風水
-, , , , , , , ,